×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

専門家に闇金相談で被害解決

闇金の種類

090金融「ゼロ・キュー・ゼロ金融」

携帯電話の番号と社名だけ記載。「ブラックOK」など記載してる事も。
ダイレクトメール・電柱・公衆電話のピンクチラシなどに多いです。
契約書面など発行せず、正体を明かさない業者。違法な高金利で、小口融資を行うのが特徴。無登録業者がほとんどです。
契約時、本人情報以外に、身内の連絡先まで要求してきます。返済が少しでも遅れれば、脅迫まがいの電話が、正規の連帯保証人でもない身内にまでかかってきます。
勧誘チラシも登録番号の明記が必要です。なければ違法業者です。

紹介屋(コ―チ屋)

おとり広告に「3%の固定金利で300万円まで即融資」「他店で断られてもOK」など記載しています。
スポーツ新聞・雑誌の広告に多いです。
実際に借入する段階になると、「あなたには信用が足りないので、内では借せない。」「あなたでも借りれる所を紹介します。」などと称して、紹介手数料を数十万請求してきます。
実際は全く関係の無い業者を下調べし、債務者に教えるだけ。紹介屋被害は、多重債務者だけではありません。

整理屋

おとり広告に「債務を低利で一本化します」など記載しています。
新聞・雑誌などの広告に多いです。
多重債務者に対して、債務整理してやると言って近づき、債務整理の払込金を整理手付金として請求してくる。実際は何もしません。
悪質なケースは、悪徳弁護士と整理屋がグルになっているケースもあります。借入に行って、弁護士を紹介するなど言われたら危険です。

押し貸し

契約もしてないのに、勝手に銀行口座に現金を振込み、法外な利息を請求してきます。多重債務者の個人情報を利用。
勝手に振込んでおきながら、数日後お金と利息を請求する電話がかかってきます。

ヤミ金解決のジャパンネット法務事務所

闇金被害対応の専門家

ヤミ金解決のエストリーガルオフィス